• 乾燥肌 アトピー

乾燥肌

乾燥肌とアトピーの関係

数ある乾燥肌の症状の中でも、アトピーと乾燥肌にはとても深い関係があります。ここでは乾燥肌とアトピーの関係について詳しく紹介していきましょう。

アトピーは正式な病名を「アトピー性皮膚炎」と言います。肌に湿疹ができるなどの慢性的な皮膚炎を起こす症状のことで、肌質はかさついて乾燥しています。かさつきに伴ってかゆみの症状なども現れるので、子供の場合は患部をかきむしって傷をつくってしまうことも珍しくありません。こうしたアトピーの症状は、遺伝性が非常に高いとされています。そのため親がアトピーの症状があることで、子供にもアトピーの症状が出るということがよく見られています。アトピーはその子供の時に発症する場合がほとんどです。症状は年齢を重ねるごとに少しずつ変わり、幼少期にはあまりかさつきはなく水気の多いジュクジュクとした湿疹が見られますが、小学生になるくらいからはかさつきや湿疹などが起こると見られています。

アトピーはこのように遺伝的な肌のアレルギー症状として見られていますが、肌の角質層の保湿成分が減少し、バリア機能が低下することでも症状は起こる場合があります。アトピーが乾燥肌と特に関係しているのはこの部分です。乾燥肌は、肌の角質層にあるセラミドなどの保湿成分が正常に作り出されなくなることで肌の水分量が減り、肌のバリア機能が低下して乾燥の症状として現れます。この現象はアトピーにも当てはまるのです。アトピーの肌は、セラミドが減少し肌のバリア機能が低下していることが診断されています。また、アトピーの症状が起きることはこの肌のバリア機能の低下から来ているものなのではないか、とも言われているくらいですから、乾燥肌とアトピーは私たちが思っている以上に深い関係があると見られています。乾燥肌だからアトピーの症状が起きるのか、アトピーだから乾燥肌の症状が起きるのか、どちらが正しいかはまだわかっていませんが、乾燥肌とアトピーに大きな関係があることだけは事実です。

以上から乾燥肌とアトピーには深い関係があることがわかっていただけたかと思います。アトピーの改善策としては、やはり正しいスキンケアが重要となってきます。アトピーは乾燥性敏感肌とも言えますから、乾燥肌の改善方法のように体質を改善して肌のバリア機能を高めることが大切です。アトピーは治らない病気ではありませんから、皮膚科の医師によく相談の上、正しい診断を受けて治療を行ってくださいね。

パリッパリになる乾燥肌はこれでさようなら

乾燥肌スキンケア 【子供の肌にも安全なスキンケア】

子供の肌にも対応してくれるスキンケア!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

乾燥に強いハンドクリームの体験談

ハンドクリーム 【人気ハンドクリームを買ってみた】

実際にどれだけ効果あるのか買ってみた!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ