• 乾燥肌 皮膚科

乾燥肌

乾燥肌は皮膚科?

乾燥肌は、食生活や生活習慣を改善することで治していくことはできますが、症状がひどい乾燥肌の場合は皮膚科での治療を受けることをおすすめします。治療が必要となる主な乾燥肌の症状としては、アトピー性皮膚炎が有名ですね。アトピー性皮膚炎による乾燥肌については【乾燥肌とアトピーの関係】で詳しい説明をしましたので、そちらをご覧いただきたいと思います。ここでは、皮膚科で行われる乾燥肌の治療について詳しく見ていきましょう。

皮膚科で行われる乾燥肌の治療では、患部の炎症を抑えて肌を保湿することを目的とする軟膏が処方されます。処方された軟膏を患部に塗布することで、乾燥肌を徐々に治療していきます。皮膚科で処方される軟膏は、保湿外用剤、抗ヒスタミン剤、ステロイド外用剤、非ステロイド外用剤の4つです。それでは、それぞれの薬について少し紹介していきましょう。

保湿外用剤には、乾燥からくるかゆみの症状を抑え、肌を保湿する効果があります。尿素系の軟膏はこれに当てはまります。かゆみを抑えるだけではなく、保湿効果もあるので、だんだんと乾燥しにくい肌に改善していきます。また、抗ヒスタミン剤も乾燥によるかゆみを抑える効果がありますが、強いかゆみを抑えるために使われる薬ですのでこちらには保湿効果はありません。乾燥によるかゆみがより強い症状の時には、抗ヒスタミン剤が使われます。ライター募集の仕事をしていて本当に勉強になりました。

そして、ステロイド外用剤と非ステロイド外用剤の違いですが、これは副作用の有無です。ステロイド外用剤は、主にアトピー性皮膚炎の炎症や湿疹を抑えるために使われますが、皮膚が薄くなったり、またはニキビができやすくなったり、血管が浮き出たり、顔に赤みが出てきたり、といったような副作用が起こることがあります。特に顔などに使用した場合は、副作用が起こりやすいと言われています。非ステロイド外用剤にはこのような副作用はありません。非ステロイド外用剤も乾燥からくる顔や首などの皮膚炎の治療に使われますが、こちらは副作用がないので使用する時には大きな心配はいりません。ステロイド外用剤については、とても強い薬なので使用する時には長期間使用しないなど、十分な注意が必要となります。

このように、乾燥肌を治療するために使われている皮膚科の軟膏には様々な種類があります。副作用があるステロイド外用剤は特に注意が必要ですが、どんな薬でも素人判断で使用するのは非常に危険ですので、必ず医師から処方を受けた本人のみが使用するようにしましょう。

パリッパリになる乾燥肌はこれでさようなら

乾燥肌スキンケア 【子供の肌にも安全なスキンケア】

子供の肌にも対応してくれるスキンケア!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

乾燥に強いハンドクリームの体験談

ハンドクリーム 【人気ハンドクリームを買ってみた】

実際にどれだけ効果あるのか買ってみた!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ