• 乾燥肌 クレンジング

乾燥肌

クレンジングの選び方

みなさんはメイクを落とすクレンジング剤を使う時、どのようなタイプのクレンジング剤でメイクを落としていますか?乾燥肌の場合は、使うクレンジング剤やクレンジングの方法に十分気をつける必要があります。ここでは、乾燥肌のクレンジングの選び方を紹介していきましょう。

乾燥肌にぴったりのクレンジング剤は、クリームタイプのクレンジング剤です。クレンジングというとオイルタイプのものを思い浮かべる人が多いかと思いますが、乾燥肌の場合、オイルタイプのクレンジング剤を使ってしまうと肌への刺激が強すぎてしまい、汚れや皮脂を必要以上に落としすぎてしまうのです。オイルタイプのクレンジング剤は非常にメイクが落としやすくはあるのですが、肌に必要な皮脂までもが落ちてしまっては乾燥肌の症状はますます悪化してしまいます。なので、乾燥肌の場合にはクレンジング剤はクリームタイプのものを選んで使うようにしましょう。また、アイメイクなどはコットンで落とす場合もありますが、乾燥肌の場合はこのコットンも避けることをおすすめします。コットンは肌に優しいイメージがありますが、乾燥状態の肌にとってはコットンの繊維質は刺激になってしまいます。ですから乾燥肌の場合は、指で肌を優しくいたわるようにメイクを落とせるクリームタイプのクレンジングを選びましょう。

そしてクレンジングの方法としては、まず初めにクレンジング剤を手にとってから体温で少し温めておきます。こうすることでクレンジング剤は早くメイクに馴染み、素早く短時間でクレンジングができるようになるので、肌に負担をかけなくて済むのです。クレンジング剤を温められたら、最初に皮脂が出やすいおでこや鼻、あごの部分にクレンジング剤を馴染ませていきます。次に頬全体に馴染ませて、最後に特に乾燥しやすい目元と口元に馴染ませて水やお湯できれいにすすぎます。

この時、少し注意していただきたい点があるのですが、クレンジングの後には洗顔料を使って洗顔をするので、あまり完璧にメイクを落とそうとしなくてもOKです。隅々までメイクを落とすのは良いことなのですが、そうするとゴシゴシと肌をこすりすぎてしまうおそれがあります。乾燥している肌をこすることは、絶対してはいけません。また、クレンジング剤は洗顔料に比べて強い洗浄成分を持っているので、肌への負担も私たちが思っている以上にあります。なので、クレンジングですべてのメイクを落とそうとはせずに、肌に負担をかけないようにとにかく素早く済ませることを心掛けるようにしましょう。

パリッパリになる乾燥肌はこれでさようなら

乾燥肌スキンケア 【子供の肌にも安全なスキンケア】

子供の肌にも対応してくれるスキンケア!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

乾燥に強いハンドクリームの体験談

ハンドクリーム 【人気ハンドクリームを買ってみた】

実際にどれだけ効果あるのか買ってみた!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ