• 老人性乾燥肌

乾燥肌

老人性乾燥肌

乾燥肌の症状は、年齢を重ねることによって現れてくることがあります。それが老人性乾燥肌です。老人性乾燥肌の症状としては、老人性乾皮症や老人性皮膚掻痒症というものがあります。ここでは老人性乾燥肌とその予防法について紹介していきましょう。

私たち人間は、年齢を重ねていくと肌の水分量が減少していきます。肌の角質層にある保湿成分であるセラミドなどを正常に作り出す機能がだんだんと低下していくことで、水分量が減ってしまうことで肌がかさついてしまうのです。そうして乾燥の症状として肌に現れていくのが、老人性乾皮症です。老人性乾皮症の症状は、特に空気が乾燥している秋や冬の季節に現れやすくなっています。よく現れる症状としては、肌のかさつきの他、肌のかゆみも伴うことが多いので、肌をかいてしまって傷つけてしまうことも考えられます。皮膚状態も弱くなっていますから、肌をかきむしって傷をつけないように肌をいつもなめらかな状態にしておくことが大切です。また、老人性乾皮症は湿度が低下することで起こりやすくなるので、秋冬の季節は外だけではなく、空気が乾燥している部屋なども注意が必要です。部屋の中で暖房器具を使う場合には、湿度の調節に十分気を付けるようにしてください。他にも入浴中には湯船に浸かりすぎないようにすること、体をゴシゴシと洗いすぎないようにすることなど、肌が乾燥しやすくなるようなダメージを与えないように気を付けましょう。

老人性乾燥肌には以上のような老人性乾皮症の他に、老人性皮膚掻痒症という症状があります。私たちは年齢を重ねていくと肌の水分量が減っていきますが、それと共に肌の機能も低下していきます。老人性皮膚掻痒症はこの肌の機能低下が原因となって起こります。よく現れる症状としては、皮脂量が少なくなって、汗をかく量も減ってくるという症状が見られています。なので湿度の高い夏場などはあまり症状が現れません。しかし、空気が乾燥している秋や冬になると、肌のかさつきやかゆみといった症状が起こりやすくなります。老人性皮膚掻痒症が現れやすい体の部位としては、脚(すねや大腿部)、お腹、背中などです。脚は特にかゆみが起こりやすい部位なので、かゆみの症状が現れやすくなっている入浴後には保湿ローションや保湿クリームで肌をなめらかな状態にしておきましょう。また、夜寝ている時にもかゆみの症状が現れることがありますので、就寝前にも必ず肌を保湿してください。

パリッパリになる乾燥肌はこれでさようなら

乾燥肌スキンケア 【子供の肌にも安全なスキンケア】

子供の肌にも対応してくれるスキンケア!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

乾燥に強いハンドクリームの体験談

ハンドクリーム 【人気ハンドクリームを買ってみた】

実際にどれだけ効果あるのか買ってみた!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ