• 乾燥肌 洗顔

乾燥肌

乾燥肌の洗顔方法

みなさんはいつもどのように洗顔をしているでしょうか?乾燥肌の洗顔方法は、とにかく泡で優しく洗うことを心掛ければ問題ありません。ここでは乾燥肌の洗顔方法について、詳しく見ていくことにしましょう。

まず洗顔をする時に泡だけで洗えるように、洗顔料をたっぷり泡立てておくようにしてください。洗顔というとゴシゴシこすって洗っている人がいますが、これはわざわざ自分の肌を乾燥肌にしているようなものです。肌をこすっても汚れはそれほど落ちませんし、それどころか肌の水分がどんどん奪われて、ますます肌が乾燥してしまいます。乾燥肌の症状があるならばこの洗顔方法は絶対にしてはいけません。ゴシゴシこすらずに泡だけで洗顔することで、肌に余計な刺激を与えずに優しく洗顔をすることができます。ですので、必ず洗顔料はしっかりと泡立てておきましょう。

洗顔料が準備できたら、その泡立てた洗顔料で顔全体を包むようにして洗っていきます。上にもあるように絶対にゴシゴシこすらないことが重要です。まずは皮脂が出やすいおでこや鼻、あごを中心にくるくると円を描くように洗います。肌の上で泡を転がすようなイメージですね。そうすることで汚れも落ちやすく、肌の水分も逃げにくくなります。おでこ、鼻、あごが洗えたら、最後に頬を素早く洗います。多くの人は頬を一番最初に洗ってしまいがちですが、そうしてしまうと泡がずっと肌に密着している状態になってしまっているので、頬の乾燥はますますひどくなってしまうことがあります。頬は特に乾燥しやすい部位なので、泡が密着している時間がなるべく短くなるように必ず最後に洗うようにしましょう。

そして、洗顔はすすぎも重要です。泡をしっかり洗い流さなければ肌荒れやニキビの原因にもなってしまいますから、すみずみまできれいに洗い流しましょう。特に髪の生え際やフェイスラインなどは、すすぎ残しがよく見られる部分です。泡が残らないようにしっかりすすいでください。すすぎ終わったら清潔なタオルで顔を軽く押さえるように水分を拭き取ってください。タオルの繊維によって乾燥がひどくなってしまうことがありますから、間違ってもゴシゴシこすって拭かないようにしましょう。水分が拭き取れたら、すぐに肌の水分を補給します。洗顔後は肌の水分量がすくなくなっていますので、化粧水や乳液、保湿クリームなどでしっかり保湿してください。この時使うスキンケア用品については、【化粧水の選び方】【保湿クリームの選び方】などで詳しく記載してあります。そちらも併せて参考にしてみてくださいね。

パリッパリになる乾燥肌はこれでさようなら

乾燥肌スキンケア 【子供の肌にも安全なスキンケア】

子供の肌にも対応してくれるスキンケア!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

乾燥に強いハンドクリームの体験談

ハンドクリーム 【人気ハンドクリームを買ってみた】

実際にどれだけ効果あるのか買ってみた!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ