• 乾燥肌 湿疹

乾燥肌

乾燥肌と湿疹の関係

乾燥肌の症状としてよく挙げられるのが、患部のかゆみ、そして湿疹です。ここでは乾燥肌と湿疹の関係について詳しく見ていくことにしましょう。

乾燥肌と湿疹には、かゆみも深く関係しています。湿疹ができたによって起こるかゆみの症状もありますし、かゆみが起こったことで患部をかきむしってしまい、その痕として湿疹の症状が現れる場合もあります。かゆみと湿疹、どちらが先に症状として現れたかとしても、どちらも原因は乾燥肌であることに変わりはありません。湿疹やかゆみの症状を治療するには、乾燥肌の症状を改善していくことが必要となります。

湿疹の症状が現れている場合の乾燥肌は、特に敏感な状態になっているので、服やタオルの繊維による摩擦、石鹸やボディーソープの使用、入浴剤や保湿クリームの選び方などにも十分に気をつけなければなりません。湿疹がある肌に服やタオルの繊維による摩擦が起きると、ますます湿疹がひどくなったり、湿疹の範囲が広がったりと、症状が悪化してしまうことがあります。普段から着る服、いつも使うタオルの素材には十分に気を遣うようにしましょう。

お風呂で体を洗う時に使う石鹸やボディーソープも、湿疹に刺激のないタイプのものがおすすめです。どちらかといえばボディーソープよりも石鹸の方が洗浄成分が弱く敏感な肌にも優しいので、肌に湿疹がある場合にはできるだけ肌への刺激が少ない石鹸を選んで使ってみてください。お風呂に入れる入浴剤も肌に優しい保湿効果のあるものを選びましょう。入浴剤については【入浴剤の選び方】を参考にしてみてください。

そして湿疹がある場合には、お風呂上がりに保湿ローションや保湿クリームを塗る時にも、気をつけなければいけません。あまりに湿疹の症状がひどい場合には、保湿ローションや保湿クリームの使用は避けてください。保湿成分は乾燥肌にはとても良い効果があるのですが、湿疹の症状がある場合には刺激が強すぎてしまうことがあります。湿疹がある時には保湿効果のある外用剤、保湿外用剤で治療を行いましょう。保湿外用剤は皮膚炎の治療に使われている薬です。皮膚炎を治すだけではなく、保湿効果もあることが特徴となっています。主に皮膚科から処方される薬ですので、あまりに湿疹の症状がひどい場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。また、湿疹の度合いによってはアトピー性皮膚炎であるおそれも考えられます。アトピー性皮膚炎については【乾燥肌とアトピーの関係】で詳しく紹介していますので、気になる方はこちらも参考にしてみてください。

パリッパリになる乾燥肌はこれでさようなら

乾燥肌スキンケア 【子供の肌にも安全なスキンケア】

子供の肌にも対応してくれるスキンケア!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

乾燥に強いハンドクリームの体験談

ハンドクリーム 【人気ハンドクリームを買ってみた】

実際にどれだけ効果あるのか買ってみた!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ