• 乾燥肌 食事

乾燥肌

乾燥肌を食事で改善

みなさんは普段どのような食生活を送っていますか?肌の健康には、規則正しい食生活は欠かせません。ここでは、乾燥肌を食事で改善する方法について紹介しましょう。

乾燥肌には水分と油分が重要な役割を果たしますが、新鮮な栄養がたっぷりの食べ物を食べることで、水分や油分の他にも肌に必要な栄養成分を摂ることができます。肌に良い栄養成分としては、主にビタミン類が挙げられます。化粧水や美容液などからもビタミン類を摂ることはできますが、食べ物から直接摂取するビタミン類の効果は非常に高く、体の内側から肌をきれいにしてくれる力を持っています。それでは、それぞれのビタミン類が含まれる食べ物とその効果について見ていきましょう。

緑黄色野菜などの色の濃い野菜に多く含まれているビタミンAは、肌の新陳代謝を高める効果があります。ビタミンAが不足していると肌が乾燥しやすくなり、皮膚がかたくなってしまいます。ビタミンAは乾燥肌の予防には必要不可欠な栄養成分なのです。しかし、妊娠中のビタミンAの摂取には十分に気をつけてください。妊娠中にビタミンAを摂りすぎてしまうと、お腹の赤ちゃんに悪影響が及ぶおそれがあります。妊娠中のビタミンAの摂りすぎには注意してください。

豚肉や豆類に含まれるビタミンBにも、ビタミンAと同様に肌の新陳代謝を高める効果があります。お肉は肌に良くないと考える人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。ビタミンBがたくさん含まれている豚肉は、肉類の中で最も肌に良いとされています。なのでお肉を食べることを我慢しなくても大丈夫です。豚肉を食べて、乾燥肌を予防しましょう。

ビタミン類の中でもよく知られているビタミンCは、肌のハリやつやを保つために重要なコラーゲンを作る手助けをします。コラーゲンとビタミンCがあるおかげで、肌のハリやつやがキープできるというわけです。ビタミンCは多くの野菜や果物に含まれていますので、できるだけサプリメントなどではなく、食べ物そのものから摂るように意識しておきましょう。

最後に肌の血行を促進する効果があるビタミンEは、豆類、ナッツ類などに多く含まれています。特定の食べ物としては、良質な油分がたくさん含まれているアボカド、ごまなどにもビタミンEはたっぷりです。以上のビタミン類を、普段の食事からバランス良く摂ることで、乾燥肌は改善していきます。みなさんもバランスの良い食生活に見直して、乾燥肌を予防していきましょう。

パリッパリになる乾燥肌はこれでさようなら

乾燥肌スキンケア 【子供の肌にも安全なスキンケア】

子供の肌にも対応してくれるスキンケア!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

乾燥に強いハンドクリームの体験談

ハンドクリーム 【人気ハンドクリームを買ってみた】

実際にどれだけ効果あるのか買ってみた!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ