• うろこ状乾燥肌

乾燥肌

うろこ状乾燥肌とは

みなさんは、「うろこ状乾燥肌」という病気をご存じでしょうか?あまり聞き慣れない病名かもしれませんね。ここでは、うろこ状乾燥肌の症状について詳しく紹介していきましょう。

うろこ状乾燥肌は皮膚疾患の一つで、正式な病名は「尋常性魚鱗癬」と言います。俗に「さめ肌」と言われる肌状態のことを指します。うろこ状乾燥肌は遺伝性で、全身が乾燥肌の状態になったり、肌のターンオーバー(循環機能)が正常に働かなくなることで古い角質が剥がれず、うろこ状になった角質が肌に残ってしまったり、といった症状が起こります。うろこ状乾燥肌が発症するのは主に乳幼児期で、年齢を重ねるごとに症状はだんだんと軽くなっていくことが特徴です。症状が現れやすい部位は足の内側で、そこを中心として、肌がうろこ状になります。肌はとても乾燥しているので、特に秋や冬などの空気が乾燥しやすい時期には、症状が悪化しやすくなります。このような症状はアトピー性皮膚炎の患者にもよく見られています。症状だけではどちらの病気か分からない、という場合は、すぐにお医者さんに診てもらいましょう。乾燥肌は早めの対処が大切です。子供の頃に発症した乾燥肌を放っておくと、大人になってからも症状が良くなかったり、もしくは症状が重くなってしまうこともあります。今後に悪影響が出ないうちに、早めの対処を心掛けましょう。また、アトピーについては【乾燥肌とアトピーの関係】でも詳しく紹介しています。うろこ状乾燥肌と似た症状が出るアトピーについても詳しく知りたい場合は、ぜひ参考にしてみてください。

以上のように、様々な症状が起きるうろこ状乾燥肌の治療法としては、一番に保湿することが挙げられます。うろこ状乾燥肌は遺伝性がありますが、治らない病気ではありません。保湿や体質改善をしっかり行うことで、うろこ状乾燥肌の症状は治療していくことができます。うろこ状乾燥肌は、年齢を重ねると症状が軽減していく病気ですが、元々は乾燥肌という体質が関係しているものですから、乾燥肌をしっかり改善しなければ、うろこ状乾燥肌も改善することができません。うろこ状乾燥肌を根本的に治療するには、乾燥肌を改善することが必要です。乾燥肌は、放っておくと他にも様々な肌トラブルの原因にもなってしまいますから、乾燥肌の治療はできるだけ早めに始めるようにしてくださいね。

パリッパリになる乾燥肌はこれでさようなら

乾燥肌スキンケア 【子供の肌にも安全なスキンケア】

子供の肌にも対応してくれるスキンケア!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

乾燥に強いハンドクリームの体験談

ハンドクリーム 【人気ハンドクリームを買ってみた】

実際にどれだけ効果あるのか買ってみた!
敏感肌にも対応している潤いクリーム!
塗るだけで一日中、潤い肌を維持してくれる!
パリっと割れる肌とはもう二度とおさらば!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ